看護師も派遣で働けるそうですよ

老眼かも…。ちょっと前から気になってはいた。通帳の文字が見えにくい。手帳に書いた自分の文字もなんだかぼやける。年齢的にも、老眼になっていても全くおかしくはない。でもでも、私は近視に乱視で中学生からコンタクトレンズ愛用者。今は花粉の時期でもあるし、見えにくいのは老眼のせいではないんじゃない?と、どこまでも認めたくなかった私だが、いつまでもこの状態では何かと支障が出てきそうなので、意を決して眼科に行くことにした。

といっても、コンタクトの再購入などでもともと半年に一度は眼科のお世話になっている。行くことに特別違和感を感じることもないはずだが、老眼を宣告されるかと思うとちょっと躊躇してしまうのだった。

私の行きつけはコンタクト専門みたいな眼科で、本人が検査を希望しなければ診察のみで再購入できる。不都合を感じなかったので長い間検査は受けていなかったが、受付で老眼かも、と申告すると手元の小さい文字を読む検査もした。しかし、こういう時に限っていつもよりよく見える。結果、今の時期は乾燥や疲れなどで見え方が変わることも多いので、とりあえず今のままで様子を見ることになった。老眼宣告はなかったけど、なんか気持ちがすっきりしないまま。

それからしばらくは問題なかったが、近くの細かい文字はぼやけるし、頭が痛い。このまま放っておいたら絶対マズい。いっそのこと違う眼科に行こうかとも思ったが、定額制のコンタクトを利用しているのでいろんな変更は面倒、と再度同じ眼科へ。今回はもう少し詳しく検査しましょう、と言われ、え?この前にそうしてくれれば…と思いつつ、優しい女性検査技師の態度に癒されて、素直にいろいろな検査に応じる私。

ちなみにこの若い技師はとってもかわいくて細くてアイドルみたい。検査中もずっと大きな瞳にくぎ付けで、まだ老眼なんて考えたこともないだろうな、と勝手にうらやましく思っていたところ、「度を下げてみましょうか」。これは事実上の老眼宣告なのか?

結局、乱視がきついので遠近両用のコンタクトにしても見えにくく、私のような人は度を調節したり、コンタクトの上から老眼鏡をかけて対処しているとのこと。なるほどねー、その手があったか。ま、そうだよね、要するに老眼だよね。今回は度の調節で様子を見ることにし、ひどくなったら老眼鏡を重ねればいい、という方法を教えてくれた技師に心から感謝したのでした。

この検査技師の彼女、看護師免許を取るために看護学校に入るので退職するそうです。なんでも今の時代、看護師さんも派遣で働けたりするそうで、将来のことを考えたら看護師資格を持ってるにこしたことはないと考え一念発起したそうです。彼女が癒しになっていたので残念ですが、頑張る彼女を陰ながら応援したいと思います。ちなみに彼女が参考にしたサイトはこちらだそうです。
http://xn--7krz8kbweb1s11kzyav95hciim6m.com

病院で受付や看護師にキレる人々

函館の病院で受付の仕事をしております。
待ち時間が長く、ましてや具合の悪い人が集まる病院では小さないさかいはよくあります。
しかし、最近とみに増えているのがキレる患者さん。受付に来て、自分の順番はまだかと聞いてくるかたは、以前からおられます。
しかし最近は5分と待っていないのに、「遅いじゃないか!」と怒り口調で言ってこられるかたも珍しくなくなりました。

先日もこんなことがありました。
診察券を出してからまだ数分の高齢男性の患者さん。受付に来るなりいきなり「おい!」と大声で呼びつけます。同僚が「はい、どうかなさいましたか?」と返事をすると、「ふざけるな!」と。いえ、別にふざけているつもりはありませんが、と言いたくなるところをじっと堪える同僚。嫌な予感がします。
高齢男性患者は続けて「いつまで待たせるんだ!いいかげんにしろ。どれだけ待ってると思ってんだ!」と勢いよく叫びます。待合室にいたほかの患者さんも注目しています。同僚は、若干引きつった笑みを浮かべつつ「混みあっておりまして、申し訳ありません。○○さんは〇番目になります。」と答えますが、高齢男性患者は収まりません。
「ふざけるな!こっちは患者だぞ!具合悪くて来たんだ。早く診ろ」ここは皮膚科です。命に係わる病気もなくはありませんが、他の科に比べると少ないほうです。
ちなみにその高齢男性患者は一般的な湿疹でかかっています。「病状が重いようでしたら看護師と代わりますのでお話してみてください」と同僚が言うも、その方は
「看護師じゃない。早く医者に診てもらいたいんだ。ふざけるな!」と畳みかけるように言い放ちました。

見かねた看護師が出てきてくれて、「○○さん、どうなさいましたか?症状が悪くなりましたかね?」と優しく聞いてくれました。
「あんたじゃない!△△先生はいないのか」と高齢男性患者。全く話になりません。結局このかたは処置室という別室で順番まで待っていただきました。先日求人募集で新しく入られたばかりの看護師さんなんかは、新人呼ばわりされた(復職なので新人ではないのですが)上、色々と暴言まではかれたそうです。※看護師 求人 函館

最近はこういった待てない患者さん、キレる患者さんが多くて本当に困ります。お待たせしてしまうのは、本当に申し訳ないのですが、皆さん同じように待っています。
どうか順番を守って、静かに待っていただけたらと切に思います。
病院によっては、待ち時間に外出もできます。その間にちょっとした用事を済ませてきていただいて、戻られましたらお声をかけていただければと思います。

パート看護師として復帰する勇気をくれた看護師さん

4人目を妊娠中の出来事です。
妊娠初期に夫の転勤で引っ越しとなり、まだ上の子供達も小さかったためほぼ一人で引っ越し作業。引っ越しも完了しほっとした矢先、ある朝突然お腹が張ってきました。普段の張りとは違い、定期的にキューっと絞られるような痛みで、少し横になってはみたものの痛みは増すばかり。

「まずいな・・」と思っていたら、いきなり「パチン」という感覚があり、トイレに行って確認すると、何か透明な液体が途切れず出てきていました。
「もうこれは流産だ」と思い、夫に連絡したものの繋がらないので、すぐに上の子供達を連れてタクシーで病院へ。引っ越し前の病院からは新しい病院(総合病院)への紹介状はもらっていましたが、まだ診察してもらったことがなかったので、私も不安でいっぱいでした。

病院に着いて診察が始まる頃には、かなりの量の出血が始まっていました。診察の結果は、切迫流産でしたがまだ入院するほどではないということで、出血はあるものの自宅静養との診断が下りました。主人は一応病院には来てくれたものの、どうしても仕事を抜けられないとあっという間に帰ってしまい、会計を済ますために泣きたいような気持で子供達を連れて待合所に座っていました。

自分の会計番号が出たため立ち上がったところ、いつの間にか出血で服も椅子も汚れてしまっていることに気が付きました。どうしよう・・と途方に暮れていたところ、たまたま通りかかった看護婦さんが気付いてくれ、病棟にあったバスタオルを持ってきてくれて、椅子もきれいに掃除をしてくれました。恐縮する私に、「いいんですよ、こんなのは気にしなくても全然大丈夫です。4人目のお子さんですか、すばらしいですね。子供は日本の宝です。あなたは立派なお母さんですね、上の子供さん達も長い時間静かに待てるなんてすごいじゃないですか。あなたのような方がいてくださるからこれからの日本は安泰ですね」と言って車椅子を用意してくださり、タクシー乗り場まで連れて行ってくださいました。

不安でいっぱいだったところへ温かい言葉をかけてくださり、思わず涙が出て止まりませんでした。動転していて所属も名前も聞かずに帰ってしまい、そのあとその看護婦さんには出会うことはできませんでしたが、お陰様で4人目の子供も無事に生まれ、彼女には感謝の気持ちいっぱいです。実は私は看護師の資格を持っているのですが、結婚と4回の出産ですっかり宝の持ち腐れ?状態でした。でもあの時の看護師さんのようになりたいと、パート看護師として復帰しました。少しでも人の役に立てるような看護師になりたいです。【看護師 求人 札幌 パート

彼氏がついに出来た

チャット今まで好きな人は出来ても、相手に彼女がいる事が多く付き合った事がなかったです。
ネットでチャットを始めるようになり、同じ趣味を持った人達の集まりでよく話をするようになりました。
仕事をしている時は、女性の多い職場だったので出会いが少なかったです。そのため、中々彼氏が出来なかったのが、チャットをやるようになって出会いが広がり、好きな人が出来るようになりました。

去年の夏の終わり頃から今の彼氏と出会い、その時は私は特に意識はしていなかったんですが、相手に好きな事ははっきりではないが言われたため、少し意識しました。それからはあまり発展はなかったものの、去年の秋に二人だけで話をする機会がありました。その後は何も進展がないままいたのが、冬の初め頃にまた2人きりで話をする機会がありました。

他のチャットサイトで、彼女が出来た人や彼氏のいる人が話をしていたので羨ましく思っていました。やんわりと付き合いたいと、思っていました。その時に、相手から年が明けた今月に入ってから彼女が欲しいと言われました。言われた時は即答出来なかったんですが、今を逃すと次がない気がして数日経ってから付き合う事を言いました。そしてお付合いすることになったんです。とても嬉しかったです。

付き合うことになってまだ1週間も経っていないため、未だに嬉しい気持ちが続いています。
相手から毎日連絡が来るため、短い時間だけど話をする事が出来ています。その時間は幸せを感じている時でもあり、それがやがて結婚に繋がるといいなと思っています。

まだ会った事がないため、まずは会えるのが楽しみです。遠距離なので会える回数が少なくなるため、連絡を取り合って話をするだけに当分の間なるけど、それだけでも嬉しいです。私にもやっと春が来たと感じた瞬間で、今年の初詣でのおみくじで大吉が出たので、その通りになるといいなとおもっています。

今年は人生で最大の嬉しい事から始まったので、このままいい事が続くようになる事を願っています。